介護リフォーム専門店の施工管理Blog

介護リフォーム専門店ならではの工事内容や工事のススメ方、もちろん施工事例をお伝えします!

今回は屋内手すりの取付工事になります。

ご利用者様はADLの低下により腰に力が入らず歩行や段差移動

立ち座り動作が困難であるので必要な箇所に手すりを取り付ける

ことになりました。

下の写真は玄関で使用している椅子からの立ち座り用の手すりになります。

このたて手すり1本あるだけで立ち座りが楽になりますね。
15


こちらも玄関、廊下ですが移動等に使用する手すりになります。
14


こちらは脱衣室に入る扉になりまが床に段差があるので不安定になり易いので

扉の開閉や段差移動に使う手すりになります。
13


トイレの入り口になりますが脱衣場同様床に段差がある為

手すりを取り付けました。また廊下の移動にも使用できます。
12


廊下の移動の際使用する手すりになります。
11


リビングでの移動の際に使用する手すりになります。

またご利用者様は座り込んだ姿勢から起き上がるのがとても困難な為

立つ際に使用する事も出来る手すりです。
10


トイレの床に段差があるので出入り用の手すりになります。

この手すりはオフセットブラケットを使用しているので出入り口に近い所まで

手すりがくる為とても掴み易い手すりになっています。
9


手すりがL型になっているので立ち座り、座位の保持に使用する手すりになります。
8


こちらも同様になります。両側に手すりがあるので立ち座りや移動が

容易になると思います。
7


脱衣場内出入り口付近の手すりになります。

床に段差があるのでこちらも使用しながら移動する事で

より安全に移動出来ると思います。
6


浴室出入り口にも段差があるのでこちの手すりを使用して扉の開閉、

段差移動をします。
5


浴室内の扉の開閉、段差移動の手すりになります。

やはり段差移動は転倒のリスクが高い場所なので取り付けをしたい所

になりますね。
4


浴槽からの立ち座り用手すりになります。

浮力はありますが立ち座りが困難な所になります。
3


浴槽の出入り用の手すりになります。

浴槽のまたぎは段差移動の大きい所なので転倒のリスクが高い所ですね。

手すりを取付たのでこれで安全に浴槽の出入りが出来ると思います。
2

洗い場の椅子からの立ち座り用の手すりになります。

今までは水栓などをつかまっていたのでこれからは手すりを利用して

より安全に日常生活ができると思います。
1



今回は和室、トイレ、洗面室のクロス貼り替えです。

高齢者の住宅なので通常は家具移動を職人さんがやらないところを

弊社では家具移動などお客様の負担がないよう心がけて行っています。
IMG_1704


和室の壁を貼っています。

15年位貼り替えていないのでかなりクロスが劣化していました。

クロスが固くとても剥がしにくい状態でした。
IMG_1706


壁、天井を貼ったところです。

養生をはがして、掃除が終わったらあとは家具を元に戻して完了です。
IMG_1709

トイレの壁を貼っています。

I様が換気扇の掃除をするとの事でしたのでカバーと羽を取り外しをしました。

とても広いトイレでびっくりです。
IMG_1713

トイレの貼り替えが完了しました。

今回はI様が冒険をして選んだクロスなので完成を見てとても良いと

おっしゃっていたのでとても良かったです。
IMG_1714


洗面所の写真がないので今度アップしたいと思います。

今日は浴室アルミ開き戸からアルミ折れ戸へ変更工事です。

やはり開き戸は開閉にスペースをとりますね。

開閉の際、体があおられて不安定になってしまうので転倒の

危険もありますね。

折れ戸にして出来るだけ転倒のリスクを減らしたり

浴室のスペースを広く活用出来るようにしていきたいと思います。

1


 
これは既存のコーキングを剥がしているところです。

2


施工前の浴室側からになります。

段差がありますがその辺は手すりカバーしています。

3


施工後の床になります。

白い物がゴムパッキンで踏んでも足が痛くありません。

5


折れ戸の完了後になります。

手すりも先日取り付けたのでより安全になりました。

非常の際は脱衣室側より折れ戸を外す事が出来るので安心ですね。

お風呂は今日からでも入れます。

6

今度は手すりの取り付け等をアップしていきたいと思います。

このページのトップヘ