今回は屋内手すりの取付工事になります。

ご利用者様はADLの低下により腰に力が入らず歩行や段差移動

立ち座り動作が困難であるので必要な箇所に手すりを取り付ける

ことになりました。

下の写真は玄関で使用している椅子からの立ち座り用の手すりになります。

このたて手すり1本あるだけで立ち座りが楽になりますね。
15


こちらも玄関、廊下ですが移動等に使用する手すりになります。
14


こちらは脱衣室に入る扉になりまが床に段差があるので不安定になり易いので

扉の開閉や段差移動に使う手すりになります。
13


トイレの入り口になりますが脱衣場同様床に段差がある為

手すりを取り付けました。また廊下の移動にも使用できます。
12


廊下の移動の際使用する手すりになります。
11


リビングでの移動の際に使用する手すりになります。

またご利用者様は座り込んだ姿勢から起き上がるのがとても困難な為

立つ際に使用する事も出来る手すりです。
10


トイレの床に段差があるので出入り用の手すりになります。

この手すりはオフセットブラケットを使用しているので出入り口に近い所まで

手すりがくる為とても掴み易い手すりになっています。
9


手すりがL型になっているので立ち座り、座位の保持に使用する手すりになります。
8


こちらも同様になります。両側に手すりがあるので立ち座りや移動が

容易になると思います。
7


脱衣場内出入り口付近の手すりになります。

床に段差があるのでこちらも使用しながら移動する事で

より安全に移動出来ると思います。
6


浴室出入り口にも段差があるのでこちの手すりを使用して扉の開閉、

段差移動をします。
5


浴室内の扉の開閉、段差移動の手すりになります。

やはり段差移動は転倒のリスクが高い場所なので取り付けをしたい所

になりますね。
4


浴槽からの立ち座り用手すりになります。

浮力はありますが立ち座りが困難な所になります。
3


浴槽の出入り用の手すりになります。

浴槽のまたぎは段差移動の大きい所なので転倒のリスクが高い所ですね。

手すりを取付たのでこれで安全に浴槽の出入りが出来ると思います。
2

洗い場の椅子からの立ち座り用の手すりになります。

今までは水栓などをつかまっていたのでこれからは手すりを利用して

より安全に日常生活ができると思います。
1